トップページ > お知らせ > 「安保法案の撤回を求める県民集会」にご参加下さい。*終了しました*

お知らせ

「安保法案の撤回を求める県民集会」にご参加下さい。*終了しました*

 熊本県民のみなさん熊本県弁護士会は、5月27日の定期総会において、現在国会で審議中の安全保障関連法案は、歴代内閣の憲法9条解釈の枠を超え、集団的自衛権の行使を容認する点で、9条に違反するものであり、96条に定める手続を経ることなく実質的に改憲を行う点では立憲主義に反するという理由から、「安全保障関連法案に反対し、憲法を守る宣言」を採択しました。
 同法案については、衆議院の憲法調査会で、3人の憲法学者(長谷部恭男・早大教授、小林節・慶大名誉教授、笹田栄司・早大教授)がそろって「違憲」と述べたほか、歴代の内閣法制局長官(阪田雅裕氏、宮崎礼壹氏)も、「過去の政府解釈を逸脱している」と指摘しています。
 こうした、専門家の指摘や国会での審議状況をふまえ、国民の多くは、「今国会での成立に反対」しています。
 にもかかわらず、政府・与党は、95日という戦後最長の会期延長により、7月中旬にも同法案を衆議院で通過させ、今国会中の成立を企図しているようです。そこで、当会は、安保法案の撤回を求める熊本県民の意思を政府と国会に届けるために、次のとおり、行動を企画しました。
 多くのみなさまのご参加を心から呼びかけます。

【当日のスケジュール】
  7月19日(日)13:00 辛島公園で集会
           13:30 新市街~下通パレード
           14:00 パルコ前で解散
15/07/08