トップページ > せいかつQ&A > 交通事故に遭ったら(熊本日日新聞 2013年10月26日付)

くま弁だより

せいかつQ&A

交通事故に遭ったら(熊本日日新聞 2013年10月26日付)

Q 交差点で信号待ち中に追突されました。車が大破し、私もけがを負いました。どうしたらよいか教えてください。

A 交通事故に遭った場合、けががあるなら、まず救急と警察に連絡します。警察には必ず人身事故扱いにしてもらい、後で事故証明を出せるようにしておきます。
 次に、相手の名前、住所、電話番号を確認します。相手が営業車の場合、会社の名前や連絡先も聞く必要があります。
 さらに、自分の保険会社に電話し、相手の任意保険の会社も確認します。
 相手に請求できる賠償対象は(1)車の分は修理費、代車使用料、レッカー代など(2)負傷の分は治療費、入院や通院の慰謝料、病院までの交通費、付き添い費、自分の休業損害、後遺症がある場合は後遺症慰謝料、将来の所得減少分-などです。
 車の修理や治療の進展につれて損害額も決まりますので、時間と手間がかかります。
 損害の賠償額は(1)自賠責(2)任意保険(3)裁判・弁護士基準-の順で支給額が大きくなります。双方の過失割合に争いがあるときは、120万円までの治療費などはまず自賠責で請求しましょう。
 弁護士が交渉することで保険会社の支給額がアップすることもあります。弁護士に加害者または保険会社と交渉してもらい、納得できないなら加害者を相手にした訴訟も考えていいでしょう。

弁護士 北里 敏明

交通事故 2013/10/26