トップページ > せいかつQ&A > 不貞に基づく慰謝料請求(熊本日日新聞  2015年10月07日付)

くま弁だより

せいかつQ&A

不貞に基づく慰謝料請求(熊本日日新聞  2015年10月07日付)

Q 私の夫が、浮気をしているようですが、こうした場合、何ができるのでしょうか。また浮気をしているかを確かめるために、調査会社(探偵)に依頼をした方がよいのでしょうか。

 A 夫が浮気をした場合、浮気をした夫と浮気をした相手の両方に対して慰謝料を請求できます。また夫に対しては、併せて離婚を要求することもできます。

 では、こういう場合、いきなり調査会社に依頼をした方がよいかというと、費用のことを考えると、まずは弁護士に相談する方がよいでしょう。
 その理由は、不貞で相手方に請求して裁判所が認める慰謝料は最高でも300万円程度までで、それより高くなるのは、ごく限られた場合だからです。実際には、それよりも安い慰謝料しかもらえない場合もありますので、調査会社にあまり費用を掛け過ぎると、費用対効果の面で得策ではありません。
 ラブホテルに出入りしている写真があれば、裁判所で浮気はほぼ認定されます。しかしラブホテルへの出入りの写真でなくても、一定の証拠があれば、裁判所に浮気を認定してもらえることもあります。一定の証拠の例として、メールや手紙、領収書、日記、知人からの証言などがあります。
 そのため、どういった証拠を集めるか、どのタイミングでどのくらいの費用で調査会社に依頼をするのかということも含めて、まず弁護士に相談する方が得策です。
                           弁護士 大林真悟