トップページ > せいかつQ&A > 県弁護士会の無料相談(熊本日日新聞 2016年10月12日付)

くま弁だより

せいかつQ&A

県弁護士会の無料相談(熊本日日新聞 2016年10月12日付)

 Q 熊本地震が発生してから心配なことばかりで、法律相談に行こうか迷っています。弁護士さんはどんな内容の相談でも聞いてくれますか。

 A 県弁護士会では地震被害の大きかった地域で無料の出張相談会を続けており、これまでに1100件超の相談を受けました。
 相談内容は多岐にわたります。「隣家の瓦で車が破損したのに謝りもしない」「修理費を隣人に負担してほしい」「貸家の住人が退去してくれない」「マンションの取り壊しか修理かで意見がまとまらない」など、住まいをめぐる問題が目立ちます。
 財産や借金に関する悩みもあります。「遺産分割をしていなかった」「離婚したら地震保険や災害支援金は分けられるのか」「一部損壊の賃貸アパートの残ローンを何とかできないか」などです。
 弁護士への相談は敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、皆さんが困り、悩んでいる身近な問題に向き合い、解決に向けて助言します。中には回答が難しい場合もありますが、相談することできっと一歩前進できます。
 無料の出張相談は益城町と南阿蘇村、西原村、大津町の各役場などで週1回ずつ開いています。県内7カ所にある県弁護士会法律相談センターでも予約制で相談でき、相談料は来年4月13日まで、原則3回まで無料です。
 相談の内容は、地震に直接関係がなくても構いません。私たちが少しでも力になりたいと思います。気軽に相談してください。
                           弁護士 松村尚美

震災関連 2016/10/12