トップページ > お知らせ > 「災害後の自殺を防止するのための緊急学習会」を開催します(9月17日)

お知らせ

「災害後の自殺を防止するのための緊急学習会」を開催します(9月17日)

 本年4月に発生した熊本地震は、甚大な人的・物的被害をもたらし、今なお多くの被災者が、不眠、不安、食欲不振などに苦しんでおられます。また、被災地の自治体職員が過労やストレスにより心の健康を損なう例も少なくありません。
 災害は自殺のリスク要因のひとつであり、熊本地震でも、本年8月1日に男性自殺者がはじめて震災関連死と認定され、被災者支援における自殺予防の必要性は高まっています。
 そこで、福岡県弁護士会と共催で、災害後の自殺防止のための緊急学習会を開催します。本学習会では、東日本大震災後の自殺対策に取り組んできた専門家を講師に迎え、災害が精神疾患や自殺に繋つながるメカニズムを知るとともに、被災者への接し方や精神的ケアの方法など、自殺予防に役立つ実践を学びます。参加費は無料、事前申込も不要となっておりますので、お気軽にご参加下さい。


【日   時】   9月17日(土) 13:00~14:30
                   (12:30開場)

【場   所】   アークホテル熊本城前  椿・朝顔の間
          熊本市中央区城東町5-16

【講   師】   前田正治氏 (福岡県立医科大学・災害こころの医学講座 主任教授)

【参 加 費】   無料

【申   込】   不要

【共   催】   福岡県弁護士会・熊本県弁護士会

【問い合わせ】   熊本県弁護士会(096-325-0913)
          福岡県弁護士会(092-741-6416)

詳しくは以下のチラシをご覧下さい。
自殺防止緊急学習会チラシ.pdf

2016/09/07